カテゴリー別アーカイブ: こころ

今日のお伴は”不便益”

image

今日の通勤のお伴さん。
ながーいタイトルに惹かれますね。フフフ。

最近の私の興味の方向が、人工知能と人間と身体と私、あたりなのですが。
こちらの”不便益の本”は、人工知能がもたらしてくれることとか、人間が受け取れることとか。
人間ができて、機械ができないこと、機械ができるけど、人間がすること。
世界の動きのスピードに目が回りそうな人に、安心して立ち止まるきっかけをくれる本。
立ち止まる時間も、自分を育む時間。

AIに支配される未来が来るんじゃないか!という怖れに対する自分なりの答えが、
ようやく最近ピタリとはまった感があるのです。
それは、とてもシンプル。
”AIに支配される世界に私は生きない。それで、いい。”
もうちょっとちゃんと書けば、情熱は・・・とか、問を立てることは・・・とか、身体感覚が・・・とか。
いろいろな言葉はあるのだけれどね。
ここはあえて一言で。

そう。
この本、インプレスとミシマ社が立ち上げたあたらしいレーベル”しごとのわ”からの出版。
仕事をあたらしい視点で見つめてみる本が出版されています。
このレーベルの本で、最初に読んだのは”小さな会社でぼくは育つ”(神吉直人著)だったのだけれど、
そちらもとてもステキな本でした。
その本の話は、また別の機会にでも。

言葉で定義できない世界

セラピストやったり占い師やったりしていると、
いわゆる”言葉で定義できない世界”が当たり前すぎて、
自分にその世界がなかった頃をつい忘れてしまう。
自転車に乗れなかった自分を思い出せないように。

それでも、いろいろな本を読んだり、人と話をしていると、
あぁ、そうだ。
”言葉で定義できない世界”は、間違いなくメジャーではない、と。
折に触れて気づく。
いわゆる”非科学的”なものを、あんなに拒否していたのにね、私。
最近は、”科学的”って言葉自体の定義が、根本的に違っているんだけれどねー、と思いながら。

”言葉で定義できない世界”は、別に信じなくても信じていてもどちらでもいいし。
その世界に生きても、生きていなくても好きなようにすればいい。
要は、しあわせを感じる日常であれば。
どちらの世界も経て来たので、どちらの気持ちもわかるし。優劣もない。
ただ、今いる世界がつらいのに、そこに固執する必要もないなー、と。

”本を読む私”が戻ってきたということは、何だかいろいろ安定してきたのだろうなー。
AIのことやら、武道のことやら、まったく逆のことのようで、まったく同じことばっか読んでるな、最近。
そう思っていたら、身内に”生と死”を学ばせてもらえることがたくさん起こっています。

それにしても、自分が相当、いや絶望的なほど”飽きっぽい”人間なのだと。
結構がんばってきたつもりでしたが、敗北目前。
そんな自分を最大限活かせるような歩み方を、いろいろ考えよー

そんな、今日。

ママにおススメな、いや必須なサイト

6月から再びwithbabyでベビーマッサージ教室を再開することになりました。わーい。

自分自身の産前産後、乳幼児の育児中にずっとモヤモヤしていたこと。
いわゆる”神話”というものに悩まされる時期がありました。
”母乳”、”布おむつ”、”抱き癖”、”離乳”などなど・・・
ベビーマッサージ教室を開いている時もずっと、
そんな”神話”に悩むママさんをたくさん見てきました。

私自身がそんな悩みから脱出するためにしたのは、”知ること”。そして”実践すること”。
本を読み、ネットを探し、その中から自分が”正しい”と思うことを知り、実践する。
周囲の雑音は、オフに。
それが本当に正しかったのかはわかりません。
ただ、今私と娘が笑顔で過ごせているのだから、私にとっては”正しい”ことなのだと納得を。

でもね、ホント。
ネットの情報って真偽がわからないものばかり。
そんな中、こんなサイトを知りました。
ちょっと理系な育児

いいですねぇ。
WHOのガイドラインを基にした情報が満載なサイト。
でもこのサイトの本当の価値は、
偏った見方に陥ることなく、自分と目の前の子供にとっての正しさを追求する!
そんな姿勢を感じることなのです。
私が信じる”理系的な姿勢”って、そういう姿勢。

産前は働いていたママほど、”神話”にとらわれて苦しんでいるような(私もね)。
仕事ではtry and errorは当たり前だったはずなのに、
育児となると、他の解が見えなくなる、怖くなる。
大丈夫。子供と一緒に乗り越えていこう。

そんな気持ちになるようなベビーマッサージ教室をやりまーす。

この日の学校

先日、「この日の学校」に参加しました。
「この日の学校」とは、武道家の甲野善紀先生と独立研究者の森田真生先生が立ち上げた、寺子屋のような私塾のような。

森田先生は、独立研究者(どこにも属さず、研究する人)として数学の道を歩み、
甲野先生は、身体技法の研究家であり武道家としてもう、有名すぎて!古武術関連書籍も多数あります。
そんなお二人。

そんなお二人の対話のテーマは「待つ」でした。
”「待つ」という状態は人間の知性においてどのような役割を果たすのか”をお二人の立場から、という事前のアナウンス。

会が始まると、静かに甲野先生が語り出し、引き継いだ森田先生が堰を切ったように言葉を綴りだす。
何度か森田先生の講座に参加したことがあるのですが、名人芸!と言わんばかりの言葉の洪水。
聞いているうちに、音楽を聴いているかのような心地よさ。

と、前置きはこれくらい。

大切なこと、響いたこと(私がそう感じた)がたくさんありすぎて。

●”なんとなく正しいもの”と、”厳密に間違えること”
西洋的な科学的なものは、根拠を元に積み重ねていくものだから、厳密に間違えることができる。
でも、東洋的ななんとなく正しいものは、厳密に否定することができない。

私自身が、いわゆる”スピリチュアル”とか”武道”という場に身を置き始めてから、常に頭のどこかで考えていることでした。
スピリチュアルな世界にいると、外からは胡散臭くみられるし、なんとなくスピリチュアルを知らない人を見下していたり。
外にいると、スピリチュアルな世界が嘘くさくみえるし、スピリチュアルの世界の人を弱いと見下していたり。
でも、どちらも正しくもあり、間違いでもある。どちらでもないし、どちらでもいい。

●命と紙一重になると、flowに入る。(”flow”とは、ゾーンと言われたり、火事場の馬鹿力の状況みたいな、無意識の状態)
flowの状態になると、人間の思考を越えたパフォーマンスを発揮することができる。
flowの状態に如何にに導くか、そこに知性が役に立つ。

私にとって、第六感というものが働くとき(セッション中とか特に)は、たぶんflowという状態なのでしょう。
どうやってそういう状態になるの??と聞かれるけれど、最近気づいたのは、”普通の状態”を知ることが大切だな、と。
ルーティンの動作を行う中で、普通の状態がわかるからこそ、flowへの場への移動ができる、というか。ここら辺、もうちょっと考えたい。

●科学は多くの人を納得させる力がある。だから、多くの人の行動を変えることができる(納得すれば、行動できるからね)。
甲野先生も、森田先生自身も、「森田先生は”学問”よりも”体感”の人である」とおっしゃっていました。
”体感の人”の森田先生があえて、多くの人の行動の普遍化を行うことができるから”学問”をしている、と。

しばらくスピリチュアルな世界にどっぷりしていた私ですけれども。限界を感じていたのです。そこだけにいることは難しい(自分がね)。
だから、スピリチュアルな世界に片足突っ込んだまま、いわゆる日常の世界をよりよくするために、自分は何をしていこう、と思ったのがここ1年半くらい。

●科学は絶対的なものではなくて、情の上に浮かんでいるようなもの。
”情”という言葉は、岡潔先生という数学者が唱えていた言葉。(http://www.okakiyoshi-ken.jp/oka-japanese00.html)
人間の持つ、心という言い方もできるし、わびさび、という言い方もできるかな。”情”に従うことが道徳というもの、とか。
理論的には、知識としては正しいけれど、やっぱり辞めた方がいい、と思ったり。そういう歯止めになるのが”情”。

科学の無力さを感じつつ、でもそこでしか他の人と繋がれない。
私にとっては、その無力さが、あたらしいことを始める勇気につながるのです。

他にも大切なこと、響いたことはあったのですけれど。
あ、テーマの「待つ」について触れてない!
でも、今日はこれくらい。

こうやってブログを綴りながら、読んでくださった誰かの”情”と、響きあうことがありますように(使い方、あってる??)。

”誰か”を必要としなくなるとき

”信じる”の対義語は、”疑う”。(辞書によると)
でも本当は、”疑う”じゃなくて、”知る”ではないでしょうか。

といったツイッターのつぶやきを目にしました。

あぁ、本当に。
信じたいから、知る。

いろいろなことを知るのが大好きな私ですが、
自分の状態が下り坂な時(そう思い込んでいるだけだけど)、
信じたい誰かの言葉をむさぼるように得ようとしていたこともあります。
不安から逃れたいから、”正解”を求めようとする。

目の前に訪れる音楽や景色を、ただ心から楽しめばいいだけなのに。
心地よい、と思っている自分の感覚を信じられない。
だから、誰かかの言葉を聞いて安心する。
本当は心地よい、と思っている自分がすべてなのだけれどね。

自分に覚悟を決める、と言ったら大げさだけれど。
静かに、自分を大切にするだけでよいと思うのです。

最近は、ちょっとパラレルワールドを感じることが多かったので。(このことは、また別の話。)

身体で受け取める、世界の美しさ

ジブリ映画は、実はそんなに見ないので。
ストーリーすらほとんど知らない映画も多く。
ですが、テレビで見たワンシーンがいつも頭の中から離れない。

主人公の女の子が宙を舞い落下して、それを受け止め抱き上げる、というシーン。

女の子が落下している途中も、受け止められるその手に触れる瞬間も、抱き留められた時のお互いの感触も。
見ている私もその感覚を十二分にリアルに感じることができました。
それは、私自身が持つ、”重力に対する体感”を、感覚を、想起させられる体験でした。

先日NHKの宮崎氏の番組で、”生命に対する侮辱”という発言があったようですが。
(その言葉が発せられる流れについては、いろいろとあったようですが、そこはさて置き。。)
その発言を見たとき、先ほど紹介した映画のワンシーンを思い出しました。
・・・正確に言うと、そのシーンを見たときに感じた体の感触がムズムズと思い出されたのです。

”世界は美しい”
それは、生命があり。
夜があり、朝があり。
重力も、風も、光も、闇も。
喜びも、悲しみも、ただ、ある。
その中で続く日常は、ただただ美しい。

そのシーンで感じた”重力に対する体感”は、それを思い出させてくれる。

人は一人で生きていない。
この身体を持って、この世界を生きている。
この世界の美しさを、身体で受け止める。
合気道をしていることで、それをよりリアルに体感することができるような。
ということで、先日1級に昇級したんですけどね。

あたらしい自分

占星術をはじめとするたくさんの占いで、
秋からの大きな変化を伝えるメッセージが届いていますね。
きっとこのブログを読んでくださっているみなさんの中にも、
大きな変化の中にいる人も、たくさんいるでしょう。

そう。私も。ね。
昨冬から勤めの仕事も始めたのだけれど、この9月からあたらしい場所へ。
そこへ至るまでも、とてつもない絶望的な状況もあったり、まぁ、いろいろとありました。
が。
結局すべて、そこへ至るまでのプロセスでしかなかったのです。

苦しい状況はすべて、自分の中にある不安や恐れが、具現化されて見せつけられているような。
だから、苦しければ苦しいほど、怒りよりも切なさが大きくなる。

でもね。
苦しい状況と並行して、常に心をノックする声もありました。
セラピストや講師の仕事の中で、気づいたこと。
自分の中にある喜びや楽しさ好奇心が、仕事に彩りを加えて、
その彩りが、周囲の人を巻き込んでいく。
そして、自分も、周囲の人も喜びにあふれていく。

もう、わかりやすすぎる。
私は、どんな世界で生きていきたい?
どんな世界で生きていくと決めようか?
それが、すべてなのですね。

むずかしいことも、こわいことも何もない。
深呼吸して、まっすぐ前を見て。
自分の中にあるゆたかさに意識を。
それだけで、世界は一瞬にして変わる。

今は、そういうことを体験する時期なのだと思うのです。

イベントありがとうございました!

すっかり3日前。
久々のイベント出展でした!まるごと夏まつりのびのびベビーデー at 三鷹産業プラザ!
たくさんの方にお立ち寄りいただきました。
本当に、本当に、感謝感激!!なことばかりでした。

withbabyでの講座も、イベントの出展も、セッションも。
ずーっとずーっとお休みしていたものだから。
フレッシュな、新人の気持ちで参加させていただきました。
でもね。
出てくる言葉も、動作も、伝えたいことも。
すべて自分の心から出てくることばかり。
これは、一朝一夕で培われたものではないんだな、と。
少し離れていた期間があるからこそ、
あれもこれも!とガツガツしていたあの頃に比べて、
いろんなことを感じることができました。

アロマの虫よけスプレーは!
一部売り切れてしまって、ご迷惑をおかけいたしましたが。
たくさんのママさん、パパさん、ベビさん、キッズさんにお立ち寄りいただきました。
気軽にアロマを使うきっかけになったらいいなー!

そしてそして。
私にとっては本当にご褒美がたくさん。
今回、アロマの虫よけスプレーの横で、プチフリマしたのです。
その昔、雑貨狂いだった私。
バックパック背負って、ドイツ、ハンガリー、チェコ、スロバキア、オーストリア、フランス、イギリス、アメリカ・・・
雑貨店、本屋、蚤の市を巡っていたあの頃の遺産を、放出したのです。
一つ一つに思い入れがあるのだけれど、プチフリマに立ち寄ってくださった方々が、それを受け取ってくれたこと!
パパさんが楽しみながら、すごーく小さなピンバッチを発見して喜んでくれたこと!
お財布忘れて家まで取りに帰ってくれたくらい、欲しいと思ってくれたこと!
雑貨一つ一つの出身地を楽しみながら聞いてくれたこと!
とにかく楽しそうに手に取ってくれたこと!
雑貨狂いだった自分が、幸せに成仏していきました・・・チーン!なんてね。

さらなるご褒美も。
たった一度セッションに来てくださった方が、遊びに来てくださったこと!
セッションはご縁なのです。
あぁ、どうしてるかなーって。いつも想いを馳せているんですよ。ホント。
そんな方が来てくれるなんて!!もぅ!
セラピストやっててよかった・・・幸せすぎました。
セッション、再開せねば!!

上手く書けないのですが。
今までの自分のプロセスを、すべてまるっと花丸もらった気分です。
その夜は幸せな気分で興奮しすぎて、眠れなかったくらい!
自分の足元をしっかり見つめなおすことができて、
これからの未来をどうやって作っていくのかを、
しっかり正しく考えるスタートに立てた気がするのです。

本当に。感謝。感謝。感謝。
これからは感謝を届けます。
待っててね。
あなたに、ですよ!!

心と身体のつながりと、知性について

http://wired.jp/2016/07/12/interview-masao-morita/

あぁ、最近ずっといろいろと考えていたことを、スパーンとはまる表現にしてくれているなぁと感動!

合気道を始めてから3年くらい。
まだまだ自分の身体と心のつながりを見出せずにモヤモヤ。
でも、この方向でいいんだ、続けていていいんだっていう安心感は抜群に感じる今日この頃。

(リンク本文より引用)
知性には2種類あると思っています。ひとつは「自力」の知性。
自分の手持ちのルールを駆使して、巧みな計算によって問題を解決していくようなタイプの知性です。
もうひとつは「他力」の知性。
手持ちのリソースで計算するというよりも、身体を使ってうまく進行中の世界の一部に同化していくようなタイプの知性です。(引用おわり)

そうなんだよね。
知性って、結果を出していくことだけが知性じゃないんだよね。
”自分がそこにある”ということを肯定し、肯定されることも知性なんだ。
「自力」の知性、「他力」の知性。
その「他力」の知性こそ、身体があるからこそできるのだと思うのです。
だから、身体の感度の維持と向上は必須なのだと思うのです。

うつの人が、味がわからなくなるとか、身体を引きずっているような感覚とか、聞いたことがあります。
身体が置き去りにされるんだよね。きっと。
結果にフォーカスする「自力」の知性に偏りすぎて、
「他力」の知性を失ってしまった結果が、うつなのかもなぁ、と。
だから、うつの治療に、森田療法など、身体の感覚にフォーカスする治療が効果を上げてるんだね。

グーグル社など、瞑想を取り入れている会社があると聞きますが。
瞑想も、「自力」と「他力」のバランスを取り戻すのに役立つのでしょうね。

もう少しこの件については、じっくり考えてみたいな。おもしろい。

半径1メートルの世界

自分の半径1メートルの世界を、大切に。
手が届く世界を、大切に。
とてもシンプルなことなのだけれど、
それ以上に大切なことはないのだと。

その世界が満たされれば、
たとえ外の世界から怖いことをされても、
結局大丈夫なのですよ。

外の世界にフォーカスすれば、怖いのだけれど。
半径1メートルの世界に視点を戻してみれば、
何も起こっていない。
暖かい感覚しかない。
それに、気づくだけですよ。

半径1メートルの世界なんてない、というならば。
まずは自分の体にフォーカスしてみる。
自分の中にある暖かいものを感じる。
感じる。
感じる。
暖かさは、体を緩め、頬を緩めてくれますよ。
緩んだ頬が作る笑顔が、半径1メートルの世界をつくる第1歩なのですね。