カテゴリー別アーカイブ: つれづれ

”誰か”を必要としなくなるとき

”信じる”の対義語は、”疑う”。(辞書によると)
でも本当は、”疑う”じゃなくて、”知る”ではないでしょうか。

といったツイッターのつぶやきを目にしました。

あぁ、本当に。
信じたいから、知る。

いろいろなことを知るのが大好きな私ですが、
自分の状態が下り坂な時(そう思い込んでいるだけだけど)、
信じたい誰かの言葉をむさぼるように得ようとしていたこともあります。
不安から逃れたいから、”正解”を求めようとする。

目の前に訪れる音楽や景色を、ただ心から楽しめばいいだけなのに。
心地よい、と思っている自分の感覚を信じられない。
だから、誰かかの言葉を聞いて安心する。
本当は心地よい、と思っている自分がすべてなのだけれどね。

自分に覚悟を決める、と言ったら大げさだけれど。
静かに、自分を大切にするだけでよいと思うのです。

最近は、ちょっとパラレルワールドを感じることが多かったので。(このことは、また別の話。)

3月12日(日)に、アロハタロット練習会を開きますよ。

暴れん坊冬将軍が再び来そうな今日この頃ですが。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

突然ですが、3月12日(日)13時半~16時半に、アロハタロット練習会を開くことになりました。
場所は、三鷹駅から徒歩10分くらい(早歩きで7分くらい、小走りで5分くらい。バスでも5分くらい。)の場所です。
参加費は、3,780円(税込)です。
参加対象者は、1day講座、アドバンス講座受講者(どのティーチャーから受講したかは不問です)です。

というのも、4月からアロハタロット関連講座や練習会の受講費や参加費が改定されることになりまして、
せっかくなので、その前に一度練習会を開いておこうと思ったわけです。
(1day講座やアドバンス講座も、ご希望あれば開催しますのでお気軽にお問い合わせくださいね。)

こんな方におススメ。
・アドバンス講座を受講して、カードの深い意味はわかったけれど、立体的に読み解けるようになりたい!
・自分のことを占うと、どうしてもブレてしまうような気がしている!
・占い方が自己流になっていないか、確認したい!
・占いたいことがたくさんある!
・ちょうどその日その時間、ぽっかり時間が空いている!
・いろんな占い師(私)の読みを体感してみたい!
・一緒にアロハタロットの世界の謎解きをしたい!
・自分の実力を試してみたい!
などなど・・・
どんと来ーい!

info☆mahana-mahana.jp(☆を@に!)まで、どしどしお申し込みください。

さてさて、最近の私といえば。。
年に一度くらい大体2月に大きく体調を崩しているのですが、例年通りガッツリ崩れました。ボロボロでした。。
そして、ようやく復活してきました。
体調崩している間は、もう二度と健康な自分に戻れないような絶望的な気分になるのはなぜでしょう??
そして、健康になった今、あのズタボロな時間はもう思い出せないのもなぜでしょう??

いろいろ”やるやる!”と言ったまま、みなさまに尻たたかれてやっとこさ動いているような日々ですが。
春に向けて、いろいろと準備をしようと心に決めた立春後の私です。
(あー、また”やるやる詐欺”だ!なんて言わないでね)
きっと今度はホントに本気です。

そんなこと言って、ヨーダとか折ってる場合じゃない。。よね。
yoda

今年もよろしくお願いいたします。

年が明けてから2週間以上経ちました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

いろいろと思うところはあるのですが、
言葉にしようとすると、するりと逃げていく今日この頃。

年末年始に思いっきり休んだお陰で、
まだ頭はぼんやりとしながら、
仕事やセッションをしながらゆっくり取り戻している今日この頃。

日常はザワザワしていますが、どんな時も自分の感情は選べるのですね。

今年もありがとうございました。

さて、年末。
今年もいろいろなことがありました。
昨年の今頃も、一昨年の今頃に想像している場所とは、まったく違う場所に立っていたのですが。
今年も、昨年の今頃に想像していた場所とは、まったく違う場所に立っています。
今年は”不惑”を迎えましたが、全然”不惑”らしいことはなく。
次々といろいろなことが起こり、いや、わざわざいろいろなことを迎えに行っているような。
来年もきっと、今想像している場所とは、まったく違う、遠い、遠い場所にいるような気がしています。
もっと、楽しく。
もっと、軽く。
もっと、自由に。
もっと、もっと遠くまで。
旅するように、暮らして行けたらいいな、と思っています。

さぁ、一緒に行きましょう!

身体で受け取める、世界の美しさ

ジブリ映画は、実はそんなに見ないので。
ストーリーすらほとんど知らない映画も多く。
ですが、テレビで見たワンシーンがいつも頭の中から離れない。

主人公の女の子が宙を舞い落下して、それを受け止め抱き上げる、というシーン。

女の子が落下している途中も、受け止められるその手に触れる瞬間も、抱き留められた時のお互いの感触も。
見ている私もその感覚を十二分にリアルに感じることができました。
それは、私自身が持つ、”重力に対する体感”を、感覚を、想起させられる体験でした。

先日NHKの宮崎氏の番組で、”生命に対する侮辱”という発言があったようですが。
(その言葉が発せられる流れについては、いろいろとあったようですが、そこはさて置き。。)
その発言を見たとき、先ほど紹介した映画のワンシーンを思い出しました。
・・・正確に言うと、そのシーンを見たときに感じた体の感触がムズムズと思い出されたのです。

”世界は美しい”
それは、生命があり。
夜があり、朝があり。
重力も、風も、光も、闇も。
喜びも、悲しみも、ただ、ある。
その中で続く日常は、ただただ美しい。

そのシーンで感じた”重力に対する体感”は、それを思い出させてくれる。

人は一人で生きていない。
この身体を持って、この世界を生きている。
この世界の美しさを、身体で受け止める。
合気道をしていることで、それをよりリアルに体感することができるような。
ということで、先日1級に昇級したんですけどね。

老害と私。ゴキゲンは大事。

平日働いている仕事場は、自分よりも年齢が下の人ばかり。
みんなとても仕事ができる人ばかりで、しかも誠実な人ばかり。
ホント、心から尊敬しているんです。

普段は年齢を気にせずに一緒に仕事をさせていただいているのですが。
実は相手に気を遣わせてしまっているのでは?!?!?!という考えが頭を過りました。

その原因となったのが、通勤のお伴に読んだ本。
win_20161013_07_33_08_pro

”老害”は、自分で気づいていないのかもしれない。
40歳はまだまだ若い!と勝手に思っているけれど。
実は老害になっているのかもしれない。。ほ、ほんと?!?!?!

ニュース等を見て、政治の話なんかを聞いていると、あぁ、老害・・・とふと思うこともあるのです。
でも、その”老害”って、本人はどこまで”自覚”しているのかな。
っていうか、自覚できるものなのだろうか。
自分が生きていく中で作り上げてきた自分の価値観なのだから。
それを”老害”と言われても、空が青いことを否定できないように、何が間違いなのかわからないのだろう。
そもそも、間違いなんてないしね。

そーんな思考のグルグルループはさておいて。
上記の本の中で、一番心惹かれた言葉一つ。
”老人は、機嫌がよくなければいけない”
うん。老人に限らず、年長者はいつでもゴキゲンでないとね。

ポジティブハードな毎日

win_20160926_22_22_59_pro

今年も間もなく3か月を切ろうとしていますね。
みなさまの最近は、いかがでしょうか?
このブログをお読みいただいている方々は、それなりにご縁のある方ですからね。
きっと私の近況を読むと、あ!私もそんな感じ!という人も多いのかなって。

9月から大きく環境が変わりました。
今までよりも肉体的、物理的にハードな毎日になりました。
が、それは決してネガティブな出来事ではなくて。
ポジティブな状況になったからこそ、ハードな毎日になっているのです。
ネガティブな状況の時は、ついつい精神的にも不安にかられてしまいます。
そうすると、ついつい自分を守ることに意識が向いてしまいます。
その結果、不必要な作業や努力が増えてしまって、身動き取れない。。なんてね。
ポジティブな状況の時は、不安とか言ってられないので。
とにかく、やる!やる!やる!やるしかない!
今の私はそんなポジティブハードな毎日を送っています。
あぁ、暇な時に身体を鍛えておけばよかった・・・。。

おかげさまで合気道も続けていますよ。
11月には昇級審査(次は1級!)があるので、こちらの稽古もしっかりしないといけません。
幸いにも稽古を応援してくれる諸先輩方、仲間に囲まれているので!
ホント!こちらもポジティブハードな毎日です。

そーんなわけで。
ポジティブハードな毎日には、いろいろなシンクロも起こっています。
心からの願いって、目の前に訪れて気が付くこともあるのですね。
数か月前の私には、まったく想像できなかった今があるのです。
あの時の私に何か言葉をかけてあげるとすれば、
「とにかく、前へ進め!」
その一歩一歩が、未来を作っているなぁ!って思うのです。
”前”って、物理的な”前”とは限らなくて。
”休む”ことが”前”になることもある。
あきらめるな、ってことかなー。

といった、夜のつぶやき。

アロハタロットと私

アロハタロットプロの更新講座に参加しました。
3年ごとに1DAY講座とアドバンス講座の講師資格の更新があるのです。

ホームページでもお知らせしているとおり、公にはセッションをお休みしているのですが。
ちょこちょこセッションをさせていただく機会は続いていたものですから。
久しぶりに会った講師仲間から、セッションや講座やらずに何してるの??と聞かれてちょっとびっくりしたのですが。
そりゃそうだ!

アロハタロットは当たる(私感)のですが。
最近は、当たるか当たらないかはどうでもよくなってきてしまっていまして。
どんな未来を選びたいのか、ってことに尽きるなぁって。
明日の昼ご飯に何を食べるのか、食べたいのかというのと同じ感覚だなって。

そういえば、最近ズバッと当たった(当てた)ことと言えば。
私の転職話。
7月下旬に”9月1日から新しい仕事が始まっているか?”という質問に対して、選んだカードが大アルカナ19の太陽のカード。
願望成就、といったカードなのですが。
その占いをした後に、決まりかけてた仕事先がダメになったり、その他いろいろトラブルが続き。
あぁ、私の占い外れたのかなーって思ってたところ!
8月下旬にトントントントンするりと話が進み。
気づけば9月1日には、とても良い環境であたらしい仕事が始まったのでした。
あー、よかった。
ま、外れてたとしても、それはそれで良かったのですがね。

(そんなわけで、こっそりセッションはしてますよ。ご希望の方は連絡してみてね。タイミングが会えば、お会いしましょう。)

あたらしい自分

占星術をはじめとするたくさんの占いで、
秋からの大きな変化を伝えるメッセージが届いていますね。
きっとこのブログを読んでくださっているみなさんの中にも、
大きな変化の中にいる人も、たくさんいるでしょう。

そう。私も。ね。
昨冬から勤めの仕事も始めたのだけれど、この9月からあたらしい場所へ。
そこへ至るまでも、とてつもない絶望的な状況もあったり、まぁ、いろいろとありました。
が。
結局すべて、そこへ至るまでのプロセスでしかなかったのです。

苦しい状況はすべて、自分の中にある不安や恐れが、具現化されて見せつけられているような。
だから、苦しければ苦しいほど、怒りよりも切なさが大きくなる。

でもね。
苦しい状況と並行して、常に心をノックする声もありました。
セラピストや講師の仕事の中で、気づいたこと。
自分の中にある喜びや楽しさ好奇心が、仕事に彩りを加えて、
その彩りが、周囲の人を巻き込んでいく。
そして、自分も、周囲の人も喜びにあふれていく。

もう、わかりやすすぎる。
私は、どんな世界で生きていきたい?
どんな世界で生きていくと決めようか?
それが、すべてなのですね。

むずかしいことも、こわいことも何もない。
深呼吸して、まっすぐ前を見て。
自分の中にあるゆたかさに意識を。
それだけで、世界は一瞬にして変わる。

今は、そういうことを体験する時期なのだと思うのです。

音楽に支えられる時期

ミュージックステーションを見ていたら、ユニコーンが出演していました。
私が音楽に興味を持ち始めた頃に、流行っていたバンドだったものだから。
(あ、今でももちろん人気者ですが!)
心がぐわしっ!と捕まれたような。
あの頃、必死で好きなアーティストのCDを聞いていた自分を思い出しました。

10代なんて、ガラスのハート。
小さなことにいちいち感情を揺さぶられていました。
音楽を聴くことで自分の感情の輪郭を撫でられるような。
自分の心をどこか遠くへ連れて行ってくれるような。
そうして自分のバランスを辛うじて保っていたのです。

今の私を知る人は、まったく想像できないかもしれませんが。
中学生くらいまで、笑い方を知らなかったのですよ。
暗かったわけではないのだけれど、真面目すぎてね。
その時出会った友だちと、音楽のおかげですっかり変わりました。
(そーいや、鏡に向かって笑顔の練習をしていたことは内緒!)

自分にとって大切なものを見直している時期なのです。
家族も、友だちも、私と取り巻く日常も。
もう少し、待っててね。