カテゴリー別アーカイブ: つれづれ

ポジティブハードな毎日

win_20160926_22_22_59_pro

今年も間もなく3か月を切ろうとしていますね。
みなさまの最近は、いかがでしょうか?
このブログをお読みいただいている方々は、それなりにご縁のある方ですからね。
きっと私の近況を読むと、あ!私もそんな感じ!という人も多いのかなって。

9月から大きく環境が変わりました。
今までよりも肉体的、物理的にハードな毎日になりました。
が、それは決してネガティブな出来事ではなくて。
ポジティブな状況になったからこそ、ハードな毎日になっているのです。
ネガティブな状況の時は、ついつい精神的にも不安にかられてしまいます。
そうすると、ついつい自分を守ることに意識が向いてしまいます。
その結果、不必要な作業や努力が増えてしまって、身動き取れない。。なんてね。
ポジティブな状況の時は、不安とか言ってられないので。
とにかく、やる!やる!やる!やるしかない!
今の私はそんなポジティブハードな毎日を送っています。
あぁ、暇な時に身体を鍛えておけばよかった・・・。。

おかげさまで合気道も続けていますよ。
11月には昇級審査(次は1級!)があるので、こちらの稽古もしっかりしないといけません。
幸いにも稽古を応援してくれる諸先輩方、仲間に囲まれているので!
ホント!こちらもポジティブハードな毎日です。

そーんなわけで。
ポジティブハードな毎日には、いろいろなシンクロも起こっています。
心からの願いって、目の前に訪れて気が付くこともあるのですね。
数か月前の私には、まったく想像できなかった今があるのです。
あの時の私に何か言葉をかけてあげるとすれば、
「とにかく、前へ進め!」
その一歩一歩が、未来を作っているなぁ!って思うのです。
”前”って、物理的な”前”とは限らなくて。
”休む”ことが”前”になることもある。
あきらめるな、ってことかなー。

といった、夜のつぶやき。

アロハタロットと私

アロハタロットプロの更新講座に参加しました。
3年ごとに1DAY講座とアドバンス講座の講師資格の更新があるのです。

ホームページでもお知らせしているとおり、公にはセッションをお休みしているのですが。
ちょこちょこセッションをさせていただく機会は続いていたものですから。
久しぶりに会った講師仲間から、セッションや講座やらずに何してるの??と聞かれてちょっとびっくりしたのですが。
そりゃそうだ!

アロハタロットは当たる(私感)のですが。
最近は、当たるか当たらないかはどうでもよくなってきてしまっていまして。
どんな未来を選びたいのか、ってことに尽きるなぁって。
明日の昼ご飯に何を食べるのか、食べたいのかというのと同じ感覚だなって。

そういえば、最近ズバッと当たった(当てた)ことと言えば。
私の転職話。
7月下旬に”9月1日から新しい仕事が始まっているか?”という質問に対して、選んだカードが大アルカナ19の太陽のカード。
願望成就、といったカードなのですが。
その占いをした後に、決まりかけてた仕事先がダメになったり、その他いろいろトラブルが続き。
あぁ、私の占い外れたのかなーって思ってたところ!
8月下旬にトントントントンするりと話が進み。
気づけば9月1日には、とても良い環境であたらしい仕事が始まったのでした。
あー、よかった。
ま、外れてたとしても、それはそれで良かったのですがね。

(そんなわけで、こっそりセッションはしてますよ。ご希望の方は連絡してみてね。タイミングが会えば、お会いしましょう。)

あたらしい自分

占星術をはじめとするたくさんの占いで、
秋からの大きな変化を伝えるメッセージが届いていますね。
きっとこのブログを読んでくださっているみなさんの中にも、
大きな変化の中にいる人も、たくさんいるでしょう。

そう。私も。ね。
昨冬から勤めの仕事も始めたのだけれど、この9月からあたらしい場所へ。
そこへ至るまでも、とてつもない絶望的な状況もあったり、まぁ、いろいろとありました。
が。
結局すべて、そこへ至るまでのプロセスでしかなかったのです。

苦しい状況はすべて、自分の中にある不安や恐れが、具現化されて見せつけられているような。
だから、苦しければ苦しいほど、怒りよりも切なさが大きくなる。

でもね。
苦しい状況と並行して、常に心をノックする声もありました。
セラピストや講師の仕事の中で、気づいたこと。
自分の中にある喜びや楽しさ好奇心が、仕事に彩りを加えて、
その彩りが、周囲の人を巻き込んでいく。
そして、自分も、周囲の人も喜びにあふれていく。

もう、わかりやすすぎる。
私は、どんな世界で生きていきたい?
どんな世界で生きていくと決めようか?
それが、すべてなのですね。

むずかしいことも、こわいことも何もない。
深呼吸して、まっすぐ前を見て。
自分の中にあるゆたかさに意識を。
それだけで、世界は一瞬にして変わる。

今は、そういうことを体験する時期なのだと思うのです。

音楽に支えられる時期

ミュージックステーションを見ていたら、ユニコーンが出演していました。
私が音楽に興味を持ち始めた頃に、流行っていたバンドだったものだから。
(あ、今でももちろん人気者ですが!)
心がぐわしっ!と捕まれたような。
あの頃、必死で好きなアーティストのCDを聞いていた自分を思い出しました。

10代なんて、ガラスのハート。
小さなことにいちいち感情を揺さぶられていました。
音楽を聴くことで自分の感情の輪郭を撫でられるような。
自分の心をどこか遠くへ連れて行ってくれるような。
そうして自分のバランスを辛うじて保っていたのです。

今の私を知る人は、まったく想像できないかもしれませんが。
中学生くらいまで、笑い方を知らなかったのですよ。
暗かったわけではないのだけれど、真面目すぎてね。
その時出会った友だちと、音楽のおかげですっかり変わりました。
(そーいや、鏡に向かって笑顔の練習をしていたことは内緒!)

自分にとって大切なものを見直している時期なのです。
家族も、友だちも、私と取り巻く日常も。
もう少し、待っててね。

何と戦っているのか。

自戒を込めて。。

誰かを激しく攻撃している人を見る。
必死に、自分は悪くない。自分は悪くない!と叫ぶ。
あなたは、何と戦っているの?
そこに、本当に敵はいるの?
敵は、自分で作り出しているんじゃないの?

足元にある豊かさと、支えてくれる人を見ず、
見えない敵、いやそもそも存在しない敵と戦う。
誰も、何も攻撃なんてしてこないのに。
敵を作り、手を差し伸べる味方まで敵にする。
結果一人ぼっち、になる。

私の中にも、誰の中にも、そういう種がある。
だから、責めたりできないし、むしろ悲しい気持ちになる。

どうか。どうか。
少しでも心安らぐ眠りが迎えられますように。
豊かさの世界に、くつろぐことができますように。

デジタルに感覚を崩壊させられる

image

イベント出展の翌日。
休む暇もなく、お台場へ。
イベントのお手伝いをしてくれた娘へのご褒美・・・といいつつ、私が行きたいだけなのだけど。

フジテレビのイベント、お台場夢大陸の敷地内にある、
teamLabの展示ですよー!!

お台場夢大陸の入場料(大人2000円、子ども1300円)は必要ですが、
teamLabのブース自体はフリーで何度も!入れます。

image

この展示。
絶対行ったほうがいい。
絶対。
絶対。

娘が大喜びで、2回入ったのです。
この展示の真価は、2回目に理解できました。

1回目は、通過しながら展示を見る。
2回目は、その世界にダイブする。
私たちが使っている感覚(五感)を、私たちが通常感じている感じ方ではない感じ方で感じる。
視覚が平衡感覚を狂わせ、触感が重力を変えていく。
暗闇が視覚をリセットし、知っていたはずの色や形が崩壊いていく。
いつのまにか、自分がどこに存在しているのか、どんな重力で、どんな色彩で、どんな空間で存在しているのかが、わからなくなっていました。

有り体な言い方になってしまうけれど、
デジタルの可能性を感じた、という一言に尽きてしまいました。
私が想像していたよりも、アナログへのこだわりの根拠なんて本当に危ういものだった。
だって、自分の感覚がここまで信頼できないなんて!

もちろん知ってるよ。
この展示がどれだけ泥臭い作業の積み重ねで作られているのかはね!(by元技術者)

イベントありがとうございました!

すっかり3日前。
久々のイベント出展でした!まるごと夏まつりのびのびベビーデー at 三鷹産業プラザ!
たくさんの方にお立ち寄りいただきました。
本当に、本当に、感謝感激!!なことばかりでした。

withbabyでの講座も、イベントの出展も、セッションも。
ずーっとずーっとお休みしていたものだから。
フレッシュな、新人の気持ちで参加させていただきました。
でもね。
出てくる言葉も、動作も、伝えたいことも。
すべて自分の心から出てくることばかり。
これは、一朝一夕で培われたものではないんだな、と。
少し離れていた期間があるからこそ、
あれもこれも!とガツガツしていたあの頃に比べて、
いろんなことを感じることができました。

アロマの虫よけスプレーは!
一部売り切れてしまって、ご迷惑をおかけいたしましたが。
たくさんのママさん、パパさん、ベビさん、キッズさんにお立ち寄りいただきました。
気軽にアロマを使うきっかけになったらいいなー!

そしてそして。
私にとっては本当にご褒美がたくさん。
今回、アロマの虫よけスプレーの横で、プチフリマしたのです。
その昔、雑貨狂いだった私。
バックパック背負って、ドイツ、ハンガリー、チェコ、スロバキア、オーストリア、フランス、イギリス、アメリカ・・・
雑貨店、本屋、蚤の市を巡っていたあの頃の遺産を、放出したのです。
一つ一つに思い入れがあるのだけれど、プチフリマに立ち寄ってくださった方々が、それを受け取ってくれたこと!
パパさんが楽しみながら、すごーく小さなピンバッチを発見して喜んでくれたこと!
お財布忘れて家まで取りに帰ってくれたくらい、欲しいと思ってくれたこと!
雑貨一つ一つの出身地を楽しみながら聞いてくれたこと!
とにかく楽しそうに手に取ってくれたこと!
雑貨狂いだった自分が、幸せに成仏していきました・・・チーン!なんてね。

さらなるご褒美も。
たった一度セッションに来てくださった方が、遊びに来てくださったこと!
セッションはご縁なのです。
あぁ、どうしてるかなーって。いつも想いを馳せているんですよ。ホント。
そんな方が来てくれるなんて!!もぅ!
セラピストやっててよかった・・・幸せすぎました。
セッション、再開せねば!!

上手く書けないのですが。
今までの自分のプロセスを、すべてまるっと花丸もらった気分です。
その夜は幸せな気分で興奮しすぎて、眠れなかったくらい!
自分の足元をしっかり見つめなおすことができて、
これからの未来をどうやって作っていくのかを、
しっかり正しく考えるスタートに立てた気がするのです。

本当に。感謝。感謝。感謝。
これからは感謝を届けます。
待っててね。
あなたに、ですよ!!

もっとがんばる、しっかりがんばる

WIN_20160726_00_14_20_Pro

娘の夏休みの宿題の丸付けの際にちょっとしたオマケでスタンプを。
3段階のスタンプを2種類。
「たいへんよくできました」
「よくできました」
は2種類共通なのですが、
「もっとがんばりましょう」と「しっかりがんばりましょう」
1個だけ書かれているメッセージが異なるのです。

それを見た娘が言った言葉が秀逸で。
「もっとがんばりましょう」は、もう十分頑張っているのに、ひどい!
「しっかりがんばりましょう」なら、やり方を変えればいいから、いい!
だそうで。

私も、もっとがんばらないけれど、しっかりがんばりまーす!

心と身体のつながりと、知性について

http://wired.jp/2016/07/12/interview-masao-morita/

あぁ、最近ずっといろいろと考えていたことを、スパーンとはまる表現にしてくれているなぁと感動!

合気道を始めてから3年くらい。
まだまだ自分の身体と心のつながりを見出せずにモヤモヤ。
でも、この方向でいいんだ、続けていていいんだっていう安心感は抜群に感じる今日この頃。

(リンク本文より引用)
知性には2種類あると思っています。ひとつは「自力」の知性。
自分の手持ちのルールを駆使して、巧みな計算によって問題を解決していくようなタイプの知性です。
もうひとつは「他力」の知性。
手持ちのリソースで計算するというよりも、身体を使ってうまく進行中の世界の一部に同化していくようなタイプの知性です。(引用おわり)

そうなんだよね。
知性って、結果を出していくことだけが知性じゃないんだよね。
”自分がそこにある”ということを肯定し、肯定されることも知性なんだ。
「自力」の知性、「他力」の知性。
その「他力」の知性こそ、身体があるからこそできるのだと思うのです。
だから、身体の感度の維持と向上は必須なのだと思うのです。

うつの人が、味がわからなくなるとか、身体を引きずっているような感覚とか、聞いたことがあります。
身体が置き去りにされるんだよね。きっと。
結果にフォーカスする「自力」の知性に偏りすぎて、
「他力」の知性を失ってしまった結果が、うつなのかもなぁ、と。
だから、うつの治療に、森田療法など、身体の感覚にフォーカスする治療が効果を上げてるんだね。

グーグル社など、瞑想を取り入れている会社があると聞きますが。
瞑想も、「自力」と「他力」のバランスを取り戻すのに役立つのでしょうね。

もう少しこの件については、じっくり考えてみたいな。おもしろい。

言葉ではなく

その人が私に何を言っているのか、でなくて。
私に何をしているのか。

言葉でなく、その行動を。
よーく見ることが大切です。

と、言われたのを思い出した。

これからの未来を選び取る。
誰と一緒の未来を選ぶ?